美しく痩せるために

口コミの投稿者:白さん(女性 32歳)

痩せようと思い立ってから、まず私が自分に課したのが、厳しい食事制限でした。
一日の摂取カロリーを出来る限り少なくしようと、細かく食事のカロリーを計算し、食べたいものを我慢する日々。

かくしてその試みは成功!
体重は順調に減っていき、理想通りの体型が手に入ると思われました。
しかし、ある一定体重を境に数値がそこで足踏みするように。
見た目にもそう変わりがありません。
「こんなに我慢しているのに…どうして?」

食べ物を目にするたびに、「ああ、これは○○kcal…これは○○kcalもする…」と次第にゆううつな気持ちが大きくなっていきました。
友達と遊びに行っても、好きなものを口にできません。
私はだんだんとダイエットノイローゼと化していたのです。
気がついたら、摂食障害に片足を突っ込んだ状態でした。

強迫的にカロリーを気にし、「食べない」ことを正義と思っていた私の目が覚めたのは、好きな人の「おいしそうに食べる女の子が好き」という言葉と、正しいダイエット知識を学んだことがきっかけでした。
恥ずかしながら、なんとなく「食べなければ痩せるだろう」という、知識不足から来る安易な考えでダイエットを行っていたのです。

これからダイエットを行う人には、リバウンドをしないためにも、脂肪を溜め込む体にならないためにも、安易な食事制限はせずに、きちんと成人の必要カロリーは摂取し、有酸素運動や食事は野菜たっぷりのヘルシーなメニューで、健康的に痩せてほしいです。
そのほうが見た目にも美しく、きらきら輝いた体が作られることは間違いありません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ